即日融資

どこが即日融資をしてくれる?

どんな金融機関なら即日審査ができるのでしょうか?どこが即日審査をしてくれるのでしょう。また審査から借り入れまでの流れがスムーズな所も見つけてより早く借りたいですね。今は即日審査ができるカードローンは消費者金融だけということはありません。

 

銀行でもすぐに審査が終わるカードローンはありますし、カードローンにこだわらずクレジットカードのキャッシングという方法を選んだとしても、即日審査ができるものも見つかります。とにかく金融機関で選ぶのではなく、金利や使い勝手で借入先を決定することが重要になるでしょう。

 

ただし、総量規制など貸金業にまつわる法律だけは注意が必要です。貸金業法は、消費者金融のカードローンとクレジットカードではキャッシング枠がその対象になっています。貸金業者からの借り入れ合計金額が年収の3分の1を超えることができないのです。限度額が大きな消費者金融のカードローンもたくさんありますし、クレジットカードのキャッシングでも利用しているうちに枠は大きくなっていくものですがとにかくその額を合計して年収の3分の1までしか借りることができません。また本人収入がない専業主婦の方などは、貸金業者から借り入れすることはできません。

 

金融機関ごとに別れたローンのランキングなどを利用すると、申し込み先を絞った状態で探すことができるのでおすすめです。また、急いでいる場合でも申し込み先の安全を確認することは忘れないようにしましょう。消費者金融なら大手であれば必ずウェブサイトがありますから、そこから申し込みをするようにします。ダイレクトメールなどを送ってくる金融業者もありますが、違法な業者であることも多いですからすぐに申し込みをしてしまわないようにしましょう。

 

また、即日融資で借り入れとは違いますが質屋やクレジットカードのショッピング枠の現金化などを利用したいと考える方もいらっしゃるでしょう。質屋の場合は預けるものが結果として戻ってこないようなことになってもよいのかどうかは考えておく必要があります。また、クレジットカードの現金化は、クレジットカードの発行元は認めていないのです。金利の点などでもローンとは全く違う高金利となってしまいますので、そのリスクは知っておくべきでしょう。

無利息カードローンとは?

カードローンの金利について調べてみると、「30日間無利息」といった広告を目にすることがあります。
カードローンを利用した場合には、基本的に利息を支払わなくてはいけません。
しかし、会社によっては一定期間無利息で借りることができる商品もあるのです。

 

「あと数日で給料日だが、お財布の中が心細い!」
「1週間後には、まとまったお金が入ってくるので、その間だけなんとかしたい!」
「土日の銀行ATMでお金を引き出しすると、時間外手数料が取られてしまう!」
このような場合には、ぜひとも無利息のカードローンの利用を検討してみましょう。

 

カードローン会社にとって利息収入は、利益の元となる貴重なものです。
これを「ただ」で貸すというのですから、十分に利用しない手はないでしょう。

 

当然ながら、常にいつまでも無利息というわけではありません。
多くの会社は、「初回利用時」に無利息サービスを提供しています。
初めてのお客様に利息なしで借りてもらって、今後とも利用してもらおうというサービスです。
利用者側も、再度別の会社で申込みから審査手続きまで行うのであれば、最初だけ無利息で借りて、以降はその会社のカードローンで借りよう、という気持ちになるのではないでしょうか。

 

無利息で借りることのできる期間は、会社や商品によって異なります。
30日無利息の先もあれば、180日もの長期間無利息で借りることのできる先もあります。
自分の収入の都合に合わせた利用の仕方を考えましょう。

 

もちろん無利息期間が終了すれば、通常の金利がかかってくることになります。
それでは無利息で借りた意味がありませんので、十分に注意しましょう。

即日融資はアルバイトでも可能か

アルバイトで生計を立てている人は、正社員に比べ収入額が低いため、即日融資でお金を借りることはできるかどうか不安に感じるかもしれません。では、アルバイトで生計を立てている人でも、即日融資での借り入れは可能なのでしょうか。

 

即日融資できるかどうかの判断条件は、その人に安定した収入があるか、そして返済能力かあるかどうかによって決まるようです。
アルバイト、正社員に関わりなく、仕事を始めたばかりなら、審査の時にマイナスポイントとなってしますし、また勤め先を次々と変えているのであればそれもマイナスの評価になってしまいます。
ですから、アルバイトでたとえ正社員より収入が少ないとしても、長期同じ職場についていて、安定した収入を得ているのであれば、融資してもらえる可能性は高いといえます。

 

ですが、やはりアルバイトは収入が少ないため、各金融会社が定めいている最高限度額での借入は難しいようです。消費者金融では、総量規制という過剰な貸し付けを防止する制度があります。貸し付けは原則として、アルバイトの年収の3分の1と定められていますので、もし自分の年収の3分の1以上の借入を希望したい方は、銀行系の即日融資を選ぶとよいようです。

 

ある金融会社はサービスとして借入できるかどうか、すぐに知ることができる仮審査を行なっているようです。それに通れば確実に借入できるとは限りませんが、アルバイトで収入が少なく不安だという方は、まず、そのようなサービスを利用してみてはいかかでしょうか。